プロフィール
モバイル市場 宮崎店
モバイル市場 宮崎店

モバイル市場
携帯買取ならおまかせください!

査定は無料!県内最高の買取額!! ★毎週日曜日・UMK『ワンピース』枠でCM放送中!! ●毎週日曜 7時30分~8時00分  ●提供 モバイル市場  新品未使用の携帯電話からiPhone、スマートフォンまで何台でも買います!!!  あなたの携帯電話査定します!お気軽に下記までご連絡下さい!! お問い合わせメール お問い合わせTEL・FAX  0985-25-8737 当社は平成22年5月1日に携帯電話の買取・販売の専門店『モバイル市場』として新規OPEN致しました。 ご不要になった携帯電話、ご自宅で眠っている携帯電話、壊れた携帯電話、新品未使用の携帯電話、個人、法人問わず何台でもまとめて完全高価買取り致します。 〒880-0844 宮崎県宮崎市柳丸町153番1 パティオ柳丸A棟1-8号 TEL・FAX0985-25-8737 メールアドレスinfo@m-ichiba.com ■ 営業時間 10:00~19:00 ■ 店休日 水曜日
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

スマートフォン「ARROWS M305/KA4」とタブレット「ARROWS Tab M555/KA4」登場!!

2015年03月15日

 モバイル市場 宮崎店 at 18:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ
法人向けのシンプルなイメージでありながら、充実のスペックを誇るうえ、高度なセキュリティ対策機能と柔軟なカスタマイズ性を備えた製品の登場だ!!




ビジネスの現場では、クラウドとスマートデバイスが業務と密接に結びつきつつある。メールやスケジュールといった会社の基本インフラ利用はもちろん、営業活動や生産の現場におけるツールとしてのクラウド&スマートデバイスの有用性は、すでに多くの前例が示している。それでも、会社として業務へのスマートフォン、タブレット導入を決断できない理由とは何だろうか?
セキュリティに対する不安? 自社の業務に活用できるだろうかという疑問? もちろん、コストも大きな理由の1つであることは間違いないが、新しいデバイスの導入が経営の手助けとならず、逆にマイナス要因になってしまうことを恐れている経営者やIT担当者も少なくないだろう。
現状、スマートフォンやタブレットは、日進月歩で技術が進歩しつつあり、革新的な機能を搭載した新製品が次々に登場する時代だ。魅力的な新機能や高いスペックは、多くの消費者を惹きつけるためには役立つが、法人向けという用途で考えると、その新機能や高スペックがかえって業務の支障になってしまう場合もある。
大量のデータを抱えた端末の紛失による情報漏洩、高性能なカメラを逆手に取った社内から外部への情報流出、多機能ゆえに時間もコストもかかる導入教育、要求される業務に対して過大すぎる性能への対価など、"スマート"であるがゆえに、かえってリスクを増大させたり、コストが膨らんでしまう場合もある。
これらの問題の多くは、「法人」というカテゴリに、コンシューマー向けの製品をそのまま持ち込んでしまった悲劇だ。
このような状況の中、高い注目を集めているのが法人向けのスマートフォンやタブレット端末だ。中でも、この分野にいち早く取り組んできた富士通の製品は、業務での利用に欠かせないセキュリティ機能や自社の業務に合わせて導入するための高いカスタマイズ性を備え、すでに市場から高い評価を受けている。




法人向けのスマートフォンというと、機能性重視の地味なデザインを連想するが、過度な装飾こそないものの、市販のスマートフォンに近いシンプルな美しさを備えた端末に仕上がっている。
画面サイズは4.5インチで、手に馴染むサイズ感を維持しながら、それでいて見やすいサイズを実現している。画面サイズを中心に大型化が進む一般向け製品とは異なり、常にポケットに忍ばせておきながら、いつでも取り出して使えるようなビジネス上の携帯性を重視したサイズとなっている。
特筆すべきは、この4.5インチの高精細有機ELディスプレイの見やすさだ。屋外での視認性が非常に高く、日中の屋外で画面を見ながらメールをチェックしたり、文書などのデータをチェックするといった用途でも見やすい。
搭載されるアプリもシンプルだ。ChromeやGmail、カメラなど、Googleのサービスを中心とした標準アプリで構成されており、余計なアプリはインストールされない。後述する「カスタムメイドプラスサービス」によって、自社に合わせて構成することもできるが、そのまま でもビジネスにすぐに活用可能できるのだ!!

このほか、主なスペックは、CPUがクアッドコアのMSM8926(1.2GHz)で、メモリ(RAM/ROM)は1GB/8GB、2GB/16GB、2GB/32GBから選択できる。カメラはアウト側が約810万画素、イン側が約130万画素となる。対応する通信機能は無線WANがLTE、HSPA、UMTS、GSM、GPRSで、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac。バッテリーは2500mAhで、最大約670分の連続通話、最大約950時間(UMTS)/700時間(LTE)の連続待受が可能だ。
もちろん、背面カバーを開けることで、電池パックを交換することも簡単にできるようになっている。オプションの電池パックを利用すれば、長時間の外出、出張などに対応できるのも魅力といえそうだ。




一方、法人向けタブレットとして提供される製品が「ARROWS Tab M555/KA4」だ。10.1型の大型の液晶を搭載した大きめのサイズとなっており、文書の作成や業務アプリケーションの利用など、画面の見やすさや操作性の高さが重要視される用途向けの製品となっている。
大きめといっても、サイズは約幅270×高さ174×厚さ10.8mm、質量610gと、ノートPCと比べれば一回り小型で、軽く、カバンなどに入れて持ち運ぶのに苦労しない。
それでいて、たっぷりのスタミナを備えているのが特長で、36.5Whr(9600mAh)のバッテリーにより、最大14時間もの駆動時間を実現している。移動時や屋外での作業など、充電の機会がなく、ビジネスでは端末を連続で使わざるを得ないシーンも珍しくないが、これなら出発から帰社するまで、バッテリー残量を気にせずに使えるだろう。
基本的なスペックは、前述したスマートフォンの「ARROWS M305/KA4」と共通の部分も多く、1.2GHz駆動のMSM8926、メモリ(RAM/ROM)は1GB/8GB、2GB/16GB、2GB/32GBから選択可能。アウト側約810万画素、イン側約130万画素のカメラ、LTE、HSPA、UMTS、GSM、GPRS対応の無線WANとIEEE802.11a/b/g/n/acの無線LANという点は同じだ。
アプリも基本的にはスマートフォン「ARROWS M305/KA4」と同じで、ビジネスに必要なアプリを搭載しながら、余計なアプリが搭載されないシンプルな構成となっている。

これまでの法人向けスマートフォンやタブレットは、端末と回線がセットというケースが多く、いくら端末やサービスが魅力的でも、回線契約の変更がネックとなり、導入をあきらめざるを得ない場合があった。
しかし、本製品であれば、どの通信事業者でも、現在の回線環境を問わずに導入することができるし、導入後に契約を変更しても端末はそのまま利用することが可能だ。企業として抱えた資産が無駄にならないのは、大きなメリットだ。
また、ビジネスで利用する回線を選ぶにあたっては、メーカーである富士通自らが提供する「「FENICSⅡ ユニバーサルコネクト スマートデバイスサービス」LTE Fタイプも有力な選択肢になりうる。通常の回線事業者と同様の音声通話やLTEによるデータ通信を、1回線あたり月額880円(税別)からというリーズナブルな価格で利用できるほか、インターネットを経由しない、プライベートな閉域接続も可能となっており、セキュリティを重視する場合にも最適だ。
以上のような柔軟性の高さは、ハードウェアやソフトウェアの面でも活かされている。今やPCの構成を選んで購入できるのは当たり前だが、これと同じように、「ARROWS M305/KA4」と「ARROWS Tab M555/KA4」も、その構成を用途によって選択して購入できるようになっている。
具体的に何がカスタマイズできるのかというと、以下の通りだ。
メモリ(RAM/ROM)
1GB/8GB(標準)
2GB/16GB
2GB/32GB
カメラ
イン約130万画素/アウト約810万画素(標準)
なし
NFC
なし(標準)
あり
業務上、たくさんのアプリを稼働させる必要があったり、画像や動画など容量の大きなデータを扱う機会が多い場合はメモリを増やすことができる。カメラは、通常はイン側とアウト側に搭載されているが、これを無効にすることができる。研究開発部門など、機密情報を扱う部署で使用する場合、重要な情報を撮影できてしまうカメラは、むしろあっては困るデバイスとなる。このようなニーズに合わせて、カメラを無効化できるわけだ。

以上、富士通の法人向けスマートフォンの「ARROWS M305/KA4」とタブレットの「ARROWS Tab M555/KA4」いずれも、かなり完成度の高い端末といってよさそうだ。
これまでのスマートフォンやタブレットの中には、「法人向け」といっても、販売チャネルが異なるだけの製品などもあり、その意義があまり見えなかったが、本製品は、法人のために何ができるのかを徹底的に考え、それがきちんと実現された製品といえる。
セキュリティ機能などの充実したスペックもそうだが、導入や運用管理、さらに実際に端末を使うユーザーのことまで、きちんと考えている。
冒頭でも触れたように、法人向けのスマートフォンやタブレットの導入は、経営者やIT担当者にとって、大きな決断といえる。しかし、本製品であれば、その決断に対する不安がかなり軽減されているといっていいだろう。
企業システムのクラウド化、モバイル化は、もはや避けられない状況といえる。そのための一歩として、「ARROWS M305/KA4」や「ARROWS Tab M555/KA4」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

  

【モバイル市場】中古★docomo☆HW-01C★モバイルWifiルーター入荷!

2015年03月15日

 モバイル市場 宮崎店 at 10:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ


◇◆モバイル市場WEBサイト◆◇
◇◆click here◆◇
◇◆買取・無料査定いたします◆◇


店頭にて5980円にて販売中!!

ドコモ モバイルWiFiルーター HW-01C ファーウェイ製
商品情報
■ 色 : ブラック
■ 状 態 :中古・白ロム。クリーニング済み。
■ 製造年月 :2010年 12月
■ 製造番号 :354233040796947
ネッ トワーク利用制限の確認 ○: 利用できます、利用制限の可能性はありません。

製品詳細
画像の本体(電池パック込み)のみの出品になります。
正常動作(ボタン操作)確認済み。
水没反応なし。充電キャップ等の破損なし。