プロフィール
モバイル市場 宮崎店
モバイル市場 宮崎店

モバイル市場
携帯買取ならおまかせください!

査定は無料!県内最高の買取額!! ★毎週日曜日・UMK『ワンピース』枠でCM放送中!! ●毎週日曜 7時30分~8時00分  ●提供 モバイル市場  新品未使用の携帯電話からiPhone、スマートフォンまで何台でも買います!!!  あなたの携帯電話査定します!お気軽に下記までご連絡下さい!! お問い合わせメール お問い合わせTEL・FAX  0985-25-8737 当社は平成22年5月1日に携帯電話の買取・販売の専門店『モバイル市場』として新規OPEN致しました。 ご不要になった携帯電話、ご自宅で眠っている携帯電話、壊れた携帯電話、新品未使用の携帯電話、個人、法人問わず何台でもまとめて完全高価買取り致します。 〒880-0844 宮崎県宮崎市柳丸町153番1 パティオ柳丸A棟1-8号 TEL・FAX0985-25-8737 メールアドレスinfo@m-ichiba.com ■ 営業時間 10:00~19:00 ■ 店休日 水曜日
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

「Moto Z / Moto Z Play」SIMフリースマホが日本国内発売

2016年12月04日

 モバイル市場 宮崎店 at 18:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ




モトローラ・モビリティ・ジャパンは「Moto Z」「Moto Z Play」2機種のMotorolaブランドSIMフリースマートフォンを日本国内で発売します。デュアル待受(DSDS)が可能になっており、スピーカーやカメラなど特定機能を付加できることで話題の「Moto Mods」に対応しています。

ハイエンドスペックのMoto Zが9万2,664円、ミドルハイスペックのMoto Z Playが5万8,104円(共に税込)。Amazonなどの通販サイトで取扱される他、家電量販店などが取扱う予定としています。

Moto Z、Moto Z PlayがSIMフリー版で日本国内発売へ

モトローラブランドから発売される予定の「Moto Z」と「Moto Z Play」。海外で既に発表されていたモデルでしたが、9月27日より日本国内でも予約を開始、10月中旬から出荷予定としています。

ハイエンド〜ミドルハイな性能を備えたMoto ZシリーズはSIMフリー版として発売される予定で、既に発売されていたモトローラのミドルレンジモデル「Moto G4 Plus」のようにデュアル待受(DSDS)に対応するとしています。

またZシリーズの特徴として「Moto Mods」という、拡張パーツを取り付ける独自の機能も採用。きになる性能や注目ポイントをチェックしておきましょう。

今回日本で発売されるMotorolaのSIMフリースマホでは、ハイエンドモデルに該当するのが「Moto Z」。5.5インチの大画面に2560×1440の高解像度Super AMOLED(アモレッド)ディスプレイになっておりコーニング社のGorilla Glass 3を採用。プロセッサーにはQualcomm社の「Snapdragon 820(MSM8996 Lite)」のクアッドコアCPU、大容量のメモリは4GB RAM、ストレージも標準で64GB ROMを搭載しています。microSDカードスロットは2TB対応。

Android 6.0 Marshmallow(マシュマロ)を標準搭載しますが、後日アップデートにて最新のAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)にバージョンアップが可能としています。バッテリー容量は2,600mAhと少し少なめにも感じますが、急速充電のTurboPowerに対応しています。

カメラ性能は背面カメラが13MPで光学手振れ補正やレーザーAFに対応。フロントカメラが5MPという基本スペックです。

本体サイズも注目ポイントで、最薄部はなんと5.2mm、モトローラ(Leonovo)も発表時点で世界最薄を謳うスリムなSIMフリースマートフォン。その薄さゆえか、3.5mmヘッドフォンジャックは非搭載(iPhone 7のようにアダプタが付属します)になっていることには注意しておく必要があるでしょう。重量も約134gと軽く、カラーは「Lunar」と「Gold」の2色展開となっています。

全体な基本スペックを見ると他社フラグシップ機にも負けないようなハイエンド機種になっているのがわかります。また最大の特徴であるMoto Modsにもちろん対応。国内主要通信バンドに対応しているほか、DSDSは4G×3G、3G×3G、3G×2Gに対応するとしています。

スペック面がミドルハイ仕様になっており、その分求めやすい価格になっているのが「Moto Z Play」。5.5インチのディスプレイサイズやGorilla Glass 3は同じですが、解像度は1920×1080ドット(フルHD)のSuperAMOLEDディスプレイになっており、プロセッサがSnapdragon 625、メモリが3GB RAM、ストレージが32GB。無印Moto Zと比較すると廉価モデルになっているのがわかります。microSDカードスロットは2TB対応。
スペックでは既に説明した通りMoto Zより劣りますが、価格が安くなっていること、同じくDSDS対応であること、microSDスロットがSIMスロットと排他利用ではなく独立して搭載されていること、3.5mmイヤホンジャックを搭載していることなどを考えるとコストパフォーマンスをより重視しながらも性能面はしっかりとおさえている印象です。  

【モバイル市場】中古☆docomo★iPhone5S 64GB☆白ロム☆入荷!

2016年12月04日

 モバイル市場 宮崎店 at 10:00  | Comments(0) | 携帯電話専門 リサイクルショップ


◇◆モバイル市場WEBサイト◆◇
◇◆click here◆◇
◇◆買取・無料査定いたします◆◇

店頭にて22480円にて販売中!!

ドコモ iPhone5S 64GB ME340J/A アップル製
商品情報
■ 色 : ゴールド
■ 状 態 : 中古・白ロム。クリーニング・データ削除済み。
■ 製造番号 : 358758059925744
ネットワーク利用制限の確認 ○: 利用できます、利用制限の可能性はありません。

製品詳細
画像の本体(電池パック込み)・箱・クイックスタートガイド・電源アダプタ・イヤホン付きの出品になります。
正常動作(ボタン操作)確認済み。データ削除済み。
iOS:10.0.2
モデムファームウェア:7.01.00
シリアル番号:DNPLT6DGFFFW
※液晶画面右上のフレームが欠けておりますが、正常動作(ボタン操作)に問題ございません。